がっつりがつがつ



<250にこまる食堂>年会費1000円でランチ250円に 若者の職業訓練などを支援 広がる共感(毎日新聞)

 年会費1000円を払うと250円でランチを食べられる「250にこまる食堂」が広がっている。単なる格安ランチではなく実は、年会費を積み立てた基金で、生きづらさを抱える若者の職業訓練などを支援するプロジェクトだ。そうした若者も勤める横浜市の5店で始まり、東京都内の居酒屋が2月下旬に加わった。居酒屋の山本友大店長(32)は「最初は赤字になっても、とにかく多くの人に食べに来てもらって社会貢献も商売も両立させたい」と意気込む。【杉埜水脈】

 「親子(丼)オッケーイ!」。威勢の良い店員の声が飛び交う。JR蒲田駅前の居酒屋「叶え家」(東京都大田区西蒲田7)のランチタイム。だしの染みた鶏肉に半熟卵が絡む親子丼や、香ばしいカツカレーなど6種類のメニューが、どれも250円(非会員は300円)だ。山本さんは「せめて390円でやりたかった」と苦笑する。

 「にこまる食堂」は、親らが設立した基金に年会費が寄付され、若者のジョブトレーニング費や運営費、新店舗設立資金に充てる仕組み。非会員に上乗せされた50円も寄付に回る。若者自立支援活動を約20年間続けるK2インターナショナルジャパン(横浜市磯子区)が昨夏、市内で自営するお好み焼き店やカフェ計5店で始めた。今では1日計約250〜300食が売れる。

 5店は、長期間のひきこもりや軽度の発達障害などのために、一般企業になじみにくい若者の職業訓練や雇用の場でもある。彼らに飲食業について講義した縁で山本さんは2年前、K2スタッフと知り合った。叶え家の店員は特に問題を抱えた若者ではないが、250円という値段に「中途半端でない決意」を感じ「にこまる食堂」に参加した。非会員にも250円で提供中の3月末までに「1日100食」が目標だ。

 250円の秘密は、人脈を生かして協力的な業者や農家から仕入れる食材の安さ。K2の場合、親や支援者らが寄付する食材も豊富だ。寄付を受けた自家栽培の白菜がキムチや豚キムチ丼になったり、柿やミカンが無料で追加されたりする。

 プロジェクトリーダーの岩本真実さん(39)は「仕入れ努力や営業努力で成り立つ値段設定」と言う。寄付のおかげで収益を出すことも十分可能だという。また若者支援だけではなく「誰でも安心して、温かくておいしいご飯が250円で食べられる場所を提供する社会運動」として全国に広げることを目指している。問い合わせ先はK2(045・752・5066)。

【関連ニュース】
社員食堂のヘルシーメニューは。
BOOK:『おもひで食堂』
暮らし・教育 『しあわせ食堂』=武内ヒロクニ+毎日新聞夕刊編集部
若者自立支援基金:年会費1000円でランチ250円 にこまる食堂に共感 /神奈川
花開け・徳栄のセンバツ:甲子園出場祝い、食堂に牛ステーキ定食 /埼玉

「7年前に放火」供述はうそ=横浜で出頭の男性−大阪府警(時事通信)
ニューハーフ3人、不法入国し日本人男性と結婚(スポーツ報知)
生方民主副幹事長解任 蓮舫議員「違和感しか残らない」(J-CASTニュース)
愛子さま、終業式の日にご登校(産経新聞)
スト権付与も検討=国家公務員の労働基本権−仙谷担当相(時事通信)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-03-19 22:46

愛子さまご欠席、両陛下が「解決に十分配慮を」(産経新聞)

 皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまが「強い不安感」などを訴え、学習院初等科を続けて欠席されていた問題で、宮内庁は11日、野村一成東宮大夫が経緯などを天皇、皇后両陛下に報告したことを明らかにした。両陛下はこの問題に関連する愛子さまと学校、その他の児童について、「いずれかが犠牲になる形で解決がはかられることのないよう、十分に配慮を払うことが必要ではないかと思う」と話されたという。

 宮内庁によると、報告は9日に行われ、野村東宮大夫が愛子さまのご欠席について、これまでの経緯や状況、今後の対応を両陛下に説明した。両陛下は、愛子さまや皇太子ご夫妻に気遣いを示されたという。

 愛子さまは8日以降3日連続で登校し、国語や生活の授業を受けられた。皇太子妃雅子さまも登下校に付き添い、授業を参観された。

 野村東宮大夫は5日の定例会見で、愛子さまが同学年の児童たちから「乱暴」な行為を受けたことが原因で、通学に際して「腹痛や強い不安感」を訴えて学校を休まれていると説明した。

【関連記事】
川端文科相「学習院が対応すること」 愛子さま不登校問題
愛子さまが6日ぶりご登校 雅子さまもご参観
愛子さま登校できず 学習院、露呈された「学級崩壊」
学校に行けない愛子さま 宮内庁 異例の発表
「卒業生として恥ずかしい」陛下のご学友、橋本明氏

<トキ>2次放鳥の雄と雌が「疑交尾」 繁殖に期待高まる(毎日新聞)
<愛子さま>「元気に通学されるように」宮内庁の羽毛田長官(毎日新聞)
<希望留年制度>大学公認、「新卒」で就活に再チャレンジ(毎日新聞)
<夏日>関東で今年初 千葉・横芝光25.7度(毎日新聞)
危険な?ぬいぐるみ…爆発物処理班が出動(読売新聞)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-03-18 15:56

恐喝未遂容疑で男逮捕=被害男性は自殺−大阪府警(時事通信)

 近所に住む男性を脅して金を取ろうとしたとして、大阪府警捜査1課と松原署は16日、恐喝未遂の疑いで、同府松原市東新町、無職緒方邦友容疑者(65)=現住建造物等放火罪などで起訴=を逮捕した。同容疑者は「関係ない」と容疑を否認しているという。
 同課によると、被害男性=当時(79)=は2008年1月、和歌山県内で自殺しているのが発見された。遺書が見つかったほか、生前、長男に「財産を取られてたまるか」と話していたという。
 逮捕容疑は07年12月〜08年1月、男性や長男に対し「殺すぞ」「わしは闇から闇に葬ることができる」などと脅し、金を取ろうとした疑い。男性の女性関係をでっち上げ、ばらすと脅したらしい。 

【関連ニュース】
家族3人、放火殺人容疑=35歳長男逮捕
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕
放火容疑で社員の男逮捕=滋賀リビング新聞社の火災
寺放火の疑い、僧侶逮捕=火災保険3億円
弘道会本部を家宅捜索=みかじめ料要求、組員逮捕

<開国博>旅行会社が主催者提訴 過払い入場料の返還求める(毎日新聞)
<裁判員裁判>父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決(毎日新聞)
民主が議員政策研、「政調復活」沈静化狙う(読売新聞)
問われる歴代政権の姿勢=信頼回復が急務−密約(時事通信)
山内衆院議員の元秘書再逮捕=融資名目で4000万詐取容疑(時事通信)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-03-17 00:20

<温暖化>対策基本法案を閣議決定 今国会での成立目指す(毎日新聞)

 政府は12日、20年までに90年比25%減とする温室効果ガス削減の中期目標を明記した「地球温暖化対策基本法案」を閣議決定した。今国会での成立を目指す。

 小沢鋭仁環境相は同日の閣議後会見で、法案がまとまったことについて「25%減目標実現に向けて大きな一歩を踏み出すことができた」と述べた。

 一方、法案に「原子力発電の推進」が盛り込まれたことに対し、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は同日の閣議後会見で、「納得し切れていないところもある。社民党としては新たな原発建設には反対で、その点はまったく変わっていない」と述べた。【大場あい】

【関連ニュース】
温暖化対策法案:12日に閣議決定へ 排出総量規制基本に
温暖化基本法案:首相「ボコボコに」検討難航に不満
温室効果ガス:家庭部門では半減 25%減へ国内のみ試案
温室ガス削減:企業の2割超「商機」 日生調査
温暖化対策法:経済3団体が意見書 透明性ある議論を要望

<北教組事件>小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」(毎日新聞)
【風】観光活性化、無料化に期待も(産経新聞)
普天間基地存続を示唆 前原、平野両氏(産経新聞)
第二京阪道路 高速道を地車走る?全通前の祝賀イベント(毎日新聞)
伝えたいと思っても…親への感謝伝えぬ受験生(産経新聞)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-03-12 18:42

藤川優里市議、うますぎる演説!?大島幹事長も絶賛、“ゆり節”で絶叫(スポーツ報知)

 今夏の参院選出馬が検討されている“美人すぎる市議”藤川優里・八戸市議会議員が7日、自民党の若返りキャンペーン「JIMIN NEXT」に帯同し、地元・八戸市と青森市で熱弁をふるった。8日で三十路(みそじ)を迎える「ゆりたん」は、むせび声で民主党の悪政ぶりを糾弾し、地方活性化の必要性を訴えた。小泉進次郎衆院議員(28)との街頭共演が初めて実現し、大島理森幹事長(63)は、2人のうますぎる?演説にメロメロだった。

 摂氏0度。寒すぎる八戸の寒空の下、“美人すぎる市議”のむせび声は、市民の心に染みこんだ。「私にとって20代最後の日。私たち地方は、乾いたぞうきんを絞るような生活を強いられてきました。私たちは負け犬になってはいけない! しかし、現在の政権は地方が抱える深刻な問題を後回しにして、何の信念も持ち合わせておりません!」

 女らしさ、いじらしさ、市議らしい強さを込めながら、情念たっぷりに聴衆に訴えた4分間。「自民党は、皆さんの生の声を国会のど真ん中に届けることを約束します!」。優里氏は、演歌歌手が一曲歌い終わるかのように締めくくると街宣車を降り、かじかむ手で市民との握手を交わした。

 “懸命すぎる市議”の振る舞いは、大島幹事長の心にも染みわたった。沖縄から地元・青森に直行した幹事長は、ひそかにはいてきたもも引きが無用なほどに、心が温まった模様。ゆりたんの熱弁の最中、思わずうなったひと言は「厳しいな」。報道陣には「なかなか元気よく、厳しい演説をするな。評価している? もちろん。自民党は多様でございます!」。見慣れた強面(こわもて)は、まな娘を見つめるような顔に変わった。

 八戸市では約1000人、青森市では約800人の聴衆をくぎ付けにし、人気の高さを証明。これで即・自民党公認で出馬決定か? いや、まだ問題も残る。党首脳の間で優里氏の集票力に期待が高まる一方、青森県連では疑問視する声も。ある関係者は「人気だけで人選してよいものか。当選したはいいが、国会議員としての資質が足りないことが分かれば、党としての見識が疑われることになる」と語る。

 優里氏は進次郎氏とともに「JIMIN―」の応援隊に任命されており、この日ついにその任務をこなした。今後も各地で遊説するとみられるが、関係者の一人は「その過程で、党側が優里氏の真の力を見極めていくことになるだろう」と語った。

 市民との交流に夢中だった本人は「地元の生の声が聞けて良かったです」と多くを語らず。地元党員との居酒屋での打ち上げでは、進次郎氏とも冷えたビールで乾杯。参院選に向けて、ゆりたんの動向からは目が離せない。

 【関連記事】
藤川市議が7日街頭デビュー…進次郎氏とタッグ
藤川市議も津波で“被害” 八戸市のイベント中止に
自民・大島幹事長“逆ギレ”「辞めてもいい」
進次郎氏が鳩山政権痛烈批判「マニフェスト違反の金メダル」
藤川優里 市議会議員 八戸市 を調べる

「土地登記ミスで10倍課税」=差額支払い求め、男性提訴−新潟地裁(時事通信)
「MRは薬剤師の職能の一つ」が86.8%―MR教育センター調べ(医療介護CBニュース)
<枝野担当相>記者100人 フリーに開放会見(毎日新聞)
博多火災 被災ラーメン店1週間ぶり再開(毎日新聞)
因縁の「菅・林」対決 菅氏、経済教科書「10ページだけ読んだ」(産経新聞)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-03-10 23:23


がっつり系ひろめましょう
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧