がっつりがつがつ



センサーのショート原因か=柏崎原発6号機不具合で−新潟(時事通信)

 新潟県中越沖地震で被災し、試験運転中の東京電力柏崎刈羽原発6号機で、制御棒の位置表示装置に不具合が見つかった問題で、同社は5日、装置内のセンサーの回路がショートしたことが原因とみられると発表した。不具合のあったセンサーを交換し、6日午後から原子炉を再起動させる予定。順調に行けば今月中旬にも営業運転に移行する見通し。
 同社によると、センサーを分解点検した結果、内部に黒く焦げたような跡が見つかった。絶縁が劣化しショートしたとみられるという。 

けいいちのブログ
よしおのブログ
現金化口コミ
クレジットカード現金化 即日
アフィリエイト ホームページ
[PR]
by rmsa8bsm6b | 2010-01-06 16:07
<< 鳩山首相、普天間移設の5月以前...


がっつり系ひろめましょう
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧