がっつりがつがつ



【風】「決して過去のことではない」(産経新聞)

 《本当に忘れてしまいたいほどの苦痛を体験しました》。米国在住の主婦は昨年、家族で日本に里帰りした際、子供が機内で新型インフルエンザに感染し、日本では個人が特定できるような報道をされたという。

 《なぜ感染した人が悪いように言われないといけないのか》。子供は日本滞在中、小学校に体験入学する予定だったが、治癒後もなかなか受け入れてもらえなかった。《「いつから学校に行けるの」と楽しみにしていたのに》。体験入学は日程を短縮して実施され、女性は《帰国後、クラスの子供からすてきなお礼の手紙をもらったことはうれしかった》と振り返る。

 報道も含めた社会の反応は過剰だったのだろうか。

 兵庫県内の男性(30)は《防疫に、やりすぎや過剰はない》と提起し、《「大したウイルスじゃないのに」というのは結果論》と指摘する。男性の妻は昨年、妊娠中で、感染すれば母体や胎児に悪影響を及ぼしかねず、《妻に感染させないよう家族でマスクを着用した》という。

 今回のウイルスは弱毒性といわれながら、厚生労働省によると全国で約200人が死亡し、1500人以上が重症化した。

 国立感染症研究所の岡部信彦情報センター長は「大騒ぎというが、ウイルスの病原性が高いか低いかがはっきりしないうちは、警戒のためにはやむを得ない」とし、「感染が終息したという人もいるが、現在は小康状態と考えられる。今のうちに防疫態勢を整えるべきだ。決して過去のことではない」と強調する。

 新型インフルエンザをテーマとした今回の「風」。初の感染確認から1年がたち、社会の関心は薄れたのではないかと思っていたが、高熱を出したわが子を気遣う親の心情など、切実なお便りを数々いただき、人々の心の中ではまだまだ「終息」していないのだと感じた。冒頭に紹介した女性は《報道しているのは情報ではなく、血の通った「人」であることを忘れないでください》ともつづっていた。自戒の意味も込め、新型インフルエンザに限らず、すべての取材に対して心に刻むべき言葉だと思った。(秋)

     ◇

 次回からの「風」は、いよいよ11日に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)を取り上げます。ベスト4という高い目標を掲げながら、いまひとつ調子の上がらない岡田ジャパンへの期待や苦言、活躍を期待する各国のプレーヤーなど、さまざまなご意見をお待ちしています。

菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
<地震>秋田・湯沢で震度3=午後0時22分(毎日新聞)
<脅迫>武富士副社長宅に「約束破った」の手紙、銃弾?同封(毎日新聞)
航路開設100周年で宇高連絡船再現=香川県〔地域〕(時事通信)
首相の所信表明演説、11日を提案…与党(読売新聞)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-06-15 09:32

赤松農相の不信任案、与党の反対多数で否決(読売新聞)

 民主、国民新の与党などは31日夜の衆院本会議で、宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で「初動の遅れが混乱を招いた」として、野党が提出した赤松農相の不信任決議案を反対多数で否決した。

<外交文書>作成後30年「原則自動公開」 外務省が新規則(毎日新聞)
傘 子どもたちの「笑顔の花」70本 花博公園でイベント(毎日新聞)
原発差し止め訴訟で判決へ=島根1、2号機の耐震性争点―提訴から11年・松江地裁(時事通信)
「これからも連立の中で」鳩山首相、社民に求める(産経新聞)
普天間移設 鳩山首相、福島消費者相を罷免へ(毎日新聞)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-06-02 06:40

普天間「日米共同声明」28日に、移設先明記へ(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、日米両政府は20日、移設案に関する共同文書を28日に取りまとめる方向で調整に入った。

 外務、防衛担当閣僚(2プラス2)による共同声明が有力となっている。21日にクリントン米国務長官が来日して鳩山首相、岡田外相と会談する。北沢防衛相も23日から訪米してゲーツ米国防長官と会談する方向で、これらの場で内容を協議したい考えだ。

 鳩山首相が掲げた米国、地元、与党の3方面すべての同意を取り付ける「5月末決着」が絶望となった中、米国との合意取りまとめを優先することになったものだ。政府は共同声明に移設先を明記する方向で最終調整している。首相は28日に記者会見して発表することを検討している。

 首相は20日朝、記者団に対し、「5月末の決着に向けて、今最終的な努力をしているところだ」と述べた。外務省幹部は同日朝、「現行計画をまとめた2006年の日米合意も2プラス2で行ったから、今回の合意も2プラス2で行うことになるだろう」と語った。

 政府はこれまでの米側との協議で、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画に回帰。代替施設の滑走路の建設工法についても「埋め立て」方式に戻す方針だ。政府は米側との合意を踏まえ、28日にも「閣議了解」などの形で対処方針を決めたい考えだ。

結婚にまつわるイベントの、希望と実態(Business Media 誠)
ピカソなど5点 110億円分盗難 パリ市立近代美術館(産経新聞)
豪華施設、有価証券…裕福な仕分け対象公益法人(読売新聞)
家出人数は8万1600人=7年連続減少―警察庁(時事通信)
静岡県連への活動費ストップ=小沢氏、2人目抵抗で報復か―民主(時事通信)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-05-27 12:04

健康保険料負担も少ない独法職員、29組織で(読売新聞)

 厚生労働省は14日、健康保険組合に加入する29の独立行政法人(独法)が、職員の健康保険料の負担を半分より少なくしていたと発表した。

 国家公務員の場合、労使は折半し、民間でも中小企業のサラリーマンは労使折半だ。

 独法には公金が投入されているため、長妻厚労相は各独法の所管省庁に見直しを求める。

<普天間移設>政府案決定へ協議…閣僚会議(毎日新聞)
わいせつ行為撮影し販売=DVD所持容疑で調理師逮捕−警視庁(時事通信)
「たちあがれ」中川氏長男、「みんな」が擁立へ(読売新聞)
JR水道橋駅で人身事故 中央・総武線の各駅停車で一時運転見合わせ(産経新聞)
<陸山会事件>石川議員から任意聴取 小沢氏との共謀を否定(毎日新聞)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-05-18 14:34

台所に男性遺体 殺人容疑で捜査(産経新聞)

 6日午後6時40分ごろ、神奈川県横須賀市ハイランドの無職、小林章浩さん(62)方の台所で、毛布のようなものでくるまれた小林さんとみられる男性の遺体が見つかった。遺体には頭などに外傷があり、県警は小林さんが事件に巻き込まれたとみて殺人事件として本格的な捜査を始めた。

 浦賀署によると、遺体は死後数週間が経過。小林さんは1人暮らしで、近所の住民から最近見かけないとの通報があり、署員が駆けつけると男性が横たわっていたという。司法解剖して死因を調べる。玄関は施錠されていたが、台所の窓は鍵がかかっていなかった。

【関連記事】
横須賀市の住宅に男性の変死体 殺人事件で捜査 
弟装い150万円振り込め詐欺 容疑の男2人再逮捕
万引容疑で逮捕の夫婦、車に男児遺体 茨城
「証拠資料辛かった」裁判員が会見 冷蔵庫男児遺体事件
冷蔵庫男児遺体、監禁致死の父親に懲役9年6月
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
谷亮子氏 参院選擁立 小沢氏「100万の味方得たよう」(毎日新聞)
<もんじゅ>炉心確認試験、5時間遅れで終了(毎日新聞)
「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)
もんじゅ立ち入り検査=試運転控え、保安院−福井(時事通信)
[PR]
# by rmsa8bsm6b | 2010-05-10 21:43


がっつり系ひろめましょう
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧